スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳩山首相“言葉の軽さ”反省の弁(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は24日夜、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題に関する迷走で指摘された、自らの“言葉の軽さ”を認め、反省の弁を口にした。

 首相は首相官邸で記者団に対し、普天間問題で「少なくとも県外(に移設する)」と述べた自らの発言を念頭に、「自分の発言という重さを感じながら、できる限りそれに沿うようにと努力してきた。なかなか、その意に沿わないこともあったことも率直に認めなければならないと反省している」と述べた。

 その上で「新たな国づくりに向けて力強い発信をしている姿も認めていただきたい」と強調した。

【関連記事】
政府方針決定へ調整本格化 北沢防衛相が訪米
「環境面配慮」現行案との違いにこだわった首相 
「なぜ決断できないのか」 渋々「辺野古」を明言
民主・渡部氏、参院過半数割れなら首相辞任不可避
公明・山口氏 「首相は月末に辞任を」
虐待が子供に与える「傷」とは?

首相、リー・クアンユー氏と会談(時事通信)
避難した種牛、感染の疑い=口蹄疫(時事通信)
10分5億円PR映像、JOC会長「必要経費」(読売新聞)
上乗せ分は「財政状況を勘案」=子ども手当で調整―民主参院選公約(時事通信)
長崎で原爆死没者名簿風通し(産経新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。