スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

面識ない者の犯行?島根女子大生殺害から半年(読売新聞)

 島根県立大1年の平岡都さん(19)の遺体が昨年11月、広島県内の山中で見つかった事件で、平岡さんが行方不明になってから26日で半年になる。

 交友関係のトラブルは確認されておらず、島根、広島両県警は、平岡さんが面識のない者に襲われたとの見方を強めている。

 捜査関係者によると、昨年10月26日夜、平岡さんが島根県浜田市のアルバイト先を出た後の足取りは全くつかめていない。両県警は、県立大の全学生約980人から話を聞くなど範囲を広げ捜査したが、トラブルやストーカーなどの被害もなく、犯人につながる有力な手がかりはないという。

 両県警は、遺体の一部が広島県の臥龍(がりゅう)山中でも比較的人目につきやすい場所に遺棄されていたことを重視。警察庁科学警察研究所によるプロファイリング(犯罪情報分析)でも、全く面識がないか、犯人が一方的に知っていた可能性があると指摘されており、両県警は事件当夜、偶然、出会った平岡さんを、わいせつ目的などで車で連れ去った可能性が高いとしている。

 これまで平岡さんとの接触場所、殺害、遺体損壊場所のいずれも特定できていない。島根県警幹部は「どんな小さな情報でもいい。点と点を結び、犯人逮捕につなげたい」と話している。

ドクさん 来日 結合双生児の兄の死、妻出産…人生を語る(毎日新聞)
仙谷氏の衆参同日選発言 閣僚から批判相次ぐ(産経新聞)
<拉致被害者>1500人参加し早期救出求める集会 都内で(毎日新聞)
今夏のテーマは「心の癒し」 東レの新作水着、女性らしさを志向(産経新聞)
牛6頭、口蹄疫の疑い=宮崎県内で2例目(時事通信)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。